エコリフォームで継がれる健康住宅

冬の寒さ対策!冬の断熱リフォーム

屋根・窓の放射冷却、床からの底冷え


冬の寒さの原因を、
屋根・窓・床のエコリフォームで即解決!




エコリフォームは、安全性と健康性に配慮した断熱により、
室内における熱的環境性を向上させるリフォームです。




■住環境の改善が健康につながる


部屋間の温度差が小さければ、ヒートショックによる脳出血疾患や心筋梗塞などの発症抑制に効果があるといわれています。
また、足元からの底冷え、放射冷却への対策で健康性が向上します。

■体感温度・快適性の向上


同じ室温の部屋でも天井と足元では温度の差が出ます。
また、冷暖房設備のないトイレや廊下などを含め、上下温度や部屋間の温度差を少なくなることが、室内の快適性に繋がります。

■エネルギー消費の削減


家庭で使用するエネルギーは大きく分けて3つあります。
1.冷暖房、2.給湯調理、3.照明家電
住宅の断熱性を向上させることで冷暖房費を抑え、省エネ住宅へと生まれ変わります。

同じ時期に建てた住宅でも、断熱欠損を起こしている場合があります。

持続性のある断熱改修で住宅そのものが長寿命になり、
長く家族を支え継がれる健康住宅になります。






建物の断熱によるエコリフォーム


◆屋根・壁・床等の断熱性能向上
◆窓・ドア等、開口部の断熱性能向上
◆冷気の侵入を防ぐ

設備機器を稼働していない時間帯でも冷暖房効果が持続し、住宅全体の温度差が小さくなるので熱的快適性を向上させることができます。


設備機器によるエコリフォーム


◆省エネ性の高い設備機器への取り換え
◆快適性を考慮した冷房方式への取り換え
◆創エネ機器の導入

設備機器の導入により比較的簡単に効果が得られますが、設備の稼働が停止した場合にリフォーム前と変わらない状況になります。


建物計画の工夫によるエコリフォーム


◆建物形状の工夫
◆窓の大きさ、配置、ひさし等の工夫
◆通風や日射遮蔽を考慮した庭木等の工夫

新築の場合は積極的な計画が可能ですが、既存の建物の工事では効果の得られるリフォーム計画が難しい場合もあります。

住宅環境に合わせた『 オーダーメイド断熱 』という考え方


Case1.冬の足元の寒さ対策


床の表面温度は、外気と接触している床下の低い温度に影響されるため、底冷えが生じます。
足元が冷えて体調を崩しやすい、暖房しても寒気を感じる住宅には、床断熱が有効です。
冬は「底冷え」解消と「放射冷却」への対策が必要です。

入り込む冷気と逃げる熱


寒さ対策への決め手となる4つのポイント

1.熱を逃がさず
2.隙間を作らず
3.温度差を無くして
4.省エネ追及


高気密高断熱を実現する断熱リフォームは、健康と、暖房コスト削減につながります。

◆床断熱リフォーム


床暖房設置の場合も、床の断熱性能が低いと床下への放熱が多くなり効率が低くなるため、床断熱が効果的です。



床の裏面に直接吹き付ける現場発泡断熱材は、床からの放射冷却を遮断し、足元の底冷えの原因を大幅に改善します。


Case2.窓際が寒い・結露やカビ対策


窓ガラスは壁などに比べて断熱性能が低いため、窓に近い部位では窓面からの冷気で寒く感じます。
すきま風を感じる、暖房を使うと結露が気になる住宅には、窓の気密・断熱が有効です。
窓の隙間、もしくは天井や床・壁の取り合い部などで目に見えない隙間がある場合もあります。
窓からの冷気を防ぐため厚手のカーテンを用いることも効果がありますが、窓ガラス面では結露が発生しやすくなります。



室内が高湿度になっていないか、換気が不十分ではないか、暖房による水蒸気発生はないか、などの確認も必要です。

◆窓の気密・断熱リフォーム


サッシ自体の隙間を解消するには、サッシを交換するか、室内側にもう一つサッシを取り付けることにより気密化・断熱化を向上させることができます。

窓の断熱リフォームは、壁を壊さず既存のサッシ窓の上に内側に取り付けるだけなので、戸建てはもちろん、マンションのリフォームにも最適です。


Case3.冬の省エネ・節電対策


暖房器具に頼った生活をしている、自宅に床暖房を入れたい、と検討されているご家庭はとても多いです。
エアコンが効きにくい、床暖房を敷設したが快適ではない住宅には、外皮全体の気密と断熱が有効です。
エアコン設備に問題がない場合、壁や天井・床、及び窓の断熱性能が低いために、壁などの表面温度が室温よりも外気温に近く、体感的に寒く感じることが多いです。
断熱性と気密性が低い住宅は熱が移動しやすい環境にあり、エアコンを使っていても外気の影響を受け続けるので、室内の快適な温度が保てなくなります。

◆天井・壁・床・窓の気密・断熱リフォーム


エアコンが効きやすい家は、短時間の起動で快適温度を長く保つことができるので、光熱費が押さえられます。
エネルギー消費に頼らない省エネ住宅は、エコロジーで環境にも優しい住まいです。

あなたの家は断熱していますか?

最新の次世代省エネルギー基準を満たす住宅は全体の1割弱と推定されています。

省エネ法では、建築物の省エネ対策として、すべての建築主に対し構造の断熱化などの措置を「努力義務」として課しています。


1999年以降の改正では、大幅な断熱性能の強化が図られています。
日本政府による次世代省エネ基準の柱は、冷暖房のエネルギー消費を従来比20%削減というものです。
これは優良住宅にのみ適用される長期固定金利住宅ローン「フラット35」の融資条件にもなっています。

エコリフォームで継がれる健康住宅

<断熱>


断熱することで住宅全体の温度差が小さくなり、エネルギー消費に頼る冷暖房費も抑えられ、体にも地球にも優しいエコ住宅へと生まれ変わります。

<気密>


気密することで、外気と室内の熱交換を抑制し、エアコンなど冷暖房器具の効果が発揮されやすく、また持続しやすくなり快適温度が長く保たれます。

<結露・カビ対策>


冬は窓面からの冷気から住む人の健康と快適性を守るのはもちろん、断熱と気密による室内の湿度上昇・換気の調節も大切です。



限りある資源に依存した機械設備依存型の住宅では、この社会を維持し、次世代に受け継いでいくことはできません。

エネルギー資源の消費を抑え、四季のある日本で快適に暮らすために
健康・省エネ住宅は、地球にも人にも優しい住宅です。



エコリフォームで継がれる健康住宅 | 夏の断熱リフォーム | 冬の断熱リフォーム | 断熱診断 | 1day断熱リフォーム